サーバーとドメインについて

自身でHPを持つとなると、必ず必要となってくるのが

サーバードメイン

です。

はじめてHPを持とうとする方の中には、HPさえ作れば沢山の人に見てもらえる、と考えている方もいるかもしれませんが…そうではありません。

今回の記事ではサーバーとドメインについて説明させて頂きます。

目次

サーバーとドメインは「土地」と「住所」

よく、サーバーとドメインはWebネットワーク上の「土地」と「住所」と表現されます。

つまり

Webネットワーク上で自分のHPを置いておく場所を「サーバー」
その場所の名前を「ドメイン」

と言います。

ちなみに、ネットワーク上のサーバーというのは、24時間いつでもネットワークと繋がっている必要があるため、サーバーコンピューターは常に電源が入っている状態でなければなりません。そして、常に不具合が生じないよう管理されている必要があります。

個人でそこまでするのは難しいので、一般的にはHP作成の際は業者が管理しているレンタルサーバーを借ります。そしてそのレンタルサーバーに自分のドメインを設置することでHPがWebネットワークに公開されます。ドメインは大抵の場合、レンタルサーバーを借りる時に同時に取得する流れになります。

サーバーとドメインには維持費がかかる

サーバーとドメインに関しては、基本的に『借りる』という形になるので維持費がかかります。

使用するレンタルサーバーやプランにもよりますが、サーバー代については年間で¥10,000~¥50,000程度、ドメイン代については¥1000~¥10,000程度の維持費がかかります。ドメインの維持費については、タイミングが良ければレンタルサーバーと同時に契約することで無料で使用できる場合もあるので、キャンペーン中等を狙って契約するのが理想です。

サーバーとドメインはどこで契約するべきか

レンタルサーバーを選ぶ大まかな基準は以下の通りです。

サーバーを選ぶ基準
  • サイトの規模に合ったサーバーか
  • スペックが十分か
  • 転送量は十分か
  • 表示速度
  • サポート体制

これらの項目はどれも非常に重要な部分ですが、ちょっと専門的な部分なので自分で判断するのが難しいという方も多いかと思います。

基本的には、たくさんの人が使っている大手のレンタルサーバーを選んでおけば間違いありません。価格帯の安いレンタルサーバーもありますが、何かあった時の対応はやはり大手が迅速で安心感があります。

本サービスでは基本的に

エックスサーバー

ロリポップ!

を推奨しています。

どちらも大手のレンタルサーバーで、上記の基準を考えても安心して契約できます。

WordPressに関してもインストールが簡単なので、手間なくHP作成に取り掛かれるというのもメリットのひとつ。

価格に関してはXSERVERの方が若干割高ではありますが、機能面等を考えると個人的にはXSERVERをおススメしています。

ちなみにXSERVERで始める場合は、

トップ画面から入り登録を進めていくと上記の画面に辿り着きます。

プランは基本的にX10で問題ありません。その下のWordPressクイックスタートという項目にチェックを入れると、指示に従って情報を入れていくだけでWordPressを始めるための登録を簡単に済ませることができるので、非常に簡単です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

本業は理学療法士。
元々はWebやPC関連について苦手意識を持っていたが、知人からの依頼をきっかけにHP作成の楽しさに気付く。
現在は副業としてHP作成代行を行ないながらブログにて様々な情報発信を行なっている。

コメント

コメントする

4 × four =

目次
閉じる