WordPressとは?

今回の記事では、HPを作ろうと考えた時によく目にする、WordPressについて簡単に説明させて頂きます。
HP作成代行サービス 5~ファイブ~でもHP作成ツールとしてWordPressを使用していますので、ご依頼を検討中の方も是非目を通して概要を理解して頂ければと思います。

目次

WordPressはWebサイト作成を助けてくれる
無料のCMSプラットフォーム

少しだけ専門的な言葉を使うと、WordPressはCMSプラットフォームというものの1つになります。

CMSプラットフォームというのは簡単に言うと

Webサイトの作成補助ツール。

通常、HPを含めたWebサイトを作るためには専門的な知識のもと、1からHTMLファイルというものにコードを打ち込んでいきます。さらにサイトの見栄えや機能性にこだわるためにはCSSやjavascriptといった別のプログラミング言語も駆使する必要があるため、非常に大変です。

更に、作成したWebサイトをインターネット上に公開するためには自分自身でサーバーにアップロードしなくてはいけません。更新のたびにアップロードの作業を行なうのも、これまた大変。

少し専門的な言葉が続きましたが、要するに

1からHPを作って管理するのは手間がかかってすごく面倒

ということです。

そんな面倒な手間を大幅に省いてくれるのがCMSプラットフォーム。この作成補助ツールを使用することにより、少ない労力で魅力的なWebサイトを作成することができます。

CMSプラットフォームには様々な種類がある

今回紹介しているWordPressの他にも

・Movable Type
・Share With
・Blue Monkey
・Wix
・Jimdo

など、世の中には実に多くのCMSプラットフォームが存在します。

この記事はあくまでWordPressの説明記事なので、その他のCMSプラットフォームについては掘り下げませんが、CMSプラットフォームには「オープンソース型CMS」、「クラウド型CMS」、ビジネス向けに開発された有料ライセンスを購入する「パッケージ型CMS」という3種類のタイプがあります。

詳しく知りたい方はこちらの記事が分かりやすいので参考にしてみてください。

WordPressの特徴

WordPressでは

  • 記事の執筆やサイト設置が比較的容易に可能
  • 複数の管理者でサイトを運営可能
  • プラグインを利用してサイトの機能を拡張可能
  • 知識があればSEO対策も比較的行ないやすい

上記のようなことが可能となります。

もちろん1から専門家が作り上げるWebサイトと比べれば細かいデザインをいじれない難しいプログラムは組み込みにくい・などのデメリットはありますが、個人で運用するHPを作成するうえで必要な機能はほぼWordPressで賄うことができます

一方で、多くの企業等にもHP作成のベースとして選ばれているWordPressは自由度が高いゆえに出来ることが多く、使いこなすにはある程度の知識と経験を要します。自分でHPを作ろうと思い、有名なWordPressに手を出したものの難易度が高く途中で挫折してしまった、という人も少なくありません。

WordPressを使用している有名企業

最後に参考としてWordPressを使用してサイトを作っている有名企業をいくつか紹介させて頂きます。

いずれもだれもが知る有名な企業ばかりです。

もちろん、誰でもこのレベルのHPを作れる…という話ではありませんが、WordPressの信用性や可能性についてはご理解いただけたのではないかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

本業は理学療法士。
元々はWebやPC関連について苦手意識を持っていたが、知人からの依頼をきっかけにHP作成の楽しさに気付く。
現在は副業としてHP作成代行を行ないながらブログにて様々な情報発信を行なっている。

コメント

コメントする

6 + ten =

目次
閉じる